LOG IN

Twelve Typewrite ベース解説その②

by せき

ツアー中に全曲解説するって言ったのにもうあと1本やん、どうも関です。


いやーあっという間すぎる!東京ワンマンも終わったし!

あ、本当に最高の空間でしたありがとうございます!!確実に更新できているなと実感しております。というかみんながイェーイってなってたらこっちもイェーイってなるよね、相乗効果だよね、ずっとこの調子でお願いします(笑)

(なんて下書きに残してたらゆとりも終わりました、あざます!)



てな訳で今日は2曲目いってみます!


2.青を込めて


3連続企画の2本目で発表した曲ですね。
曲強すぎ、個人的にはハイパーリードトラックだと思っております。


使用機材
Fender Mexico classic siries ‘60s Jazz Bass 

現在のライブでのメインベース。ピックアップはダンカンのやつ(名前忘れた)に交換済み

ジャズベって楽ですよね、弾きやすい弾きやすい。
ライブで必死になってプレベ弾いてたのは何だったんだろう。。。プレベ大好きだけど!


それでは解説へ。
この曲のフレーズに関していえばやはりイントロ。
ジラフポットは基本的に上物のギターフレーズがアレンジ終盤になって決まるんですね。それでイントロのギターフレーズが上がってきた時にちょっとぶつかるなって事で急遽1音だけ変更したのです。そのおかげで難易度がアップしました。。


結構フレーズが動くセクションがあるのでレコーディングで苦労するかと思っていたのですが2回くらい通して弾いて終了。自身のレック最短記録を更新しまして成長が感じられた曲であります。


この曲は発表当初からライブのド定番になりましてのだ皆様一緒にララララ合唱してくださいまし!



まだ終わりません、続いていってみましょう!


3.sweat shop


使用機材
Fender Mexico classic siries ‘60s Jazz Bass 


ジラフポットには珍しい四つ打ち曲。曲調的にも今まであえてやらなかったところをあえてやってみようと、裏の裏の。。。みたいなところですね。
やってみた結果、どんな曲でもジラフポットになりますね(笑


ベースについて言えば、1サビ終わりのグリスでハイポジに駆け上がってからのアルペジオ!これにつきます。このフレーズを弾くための曲と言っても過言ではない!(そんな事はない)
しかしながらこのフレーズを思いついた自分にやるやん!って言いたいです。


あとはCメロのドライブ踏んでるセクションの符割りが三ツ割になってたり、
アルバム恒例、絶対誰も気づかないJanneフレーズが盛り込まれた曲であります。
Janne Da Arcのファンだしって人がいれば探してみてください。


ジラフポットまだまだ出してない引き出しあったりしますので今後どんな曲がでてくるか楽しみにしていてください!



てな訳で4/1のツアーファイナル大阪ワンマン当日になってしまいましたね、曲解説残り3曲。
えー間に合いません(笑)


しかし近々必ず完走しますのでよろしくお願いします!



それでは本日ツアーファイナル大阪ワンマン楽しみましょー!!!



せき
OTHER SNAPS